“デザイン活用の視点から”

あなたの会社の
「つくる「つたえる
​一緒に考えます。

あきた産業デザイン支援センター

シンポジウムチラシ_おもて_edited.jpg

令和4年度デザインシンポジウム「あきたのものづくりとデザイン2022」

今回のテーマは「つたわるものづくり」です。

第1部では「作るから伝えるへ」と題しまして、初めての自社商品を経営の柱のひとつへと導いた佐藤木材容器 代表 佐藤友亮様から商品開発や販路開拓をどのように進め、どのように成功へと導いたか、その実践と気づきなどについてお話いただきます。

また、第2部では「伝わる機会を作る」と題しまして、北のクラフトフェア 実行委員長 木村敦子様から展示販売会の開催経緯や反響などについてお話を伺います。

展示販売会等の出展や開催をご検討されている方、出展での成果を上げたい方、出展・開催にご興味のある方は是非お申し込みください。

 

[開催日程] 令和4年11月18日(金)13:30~16:00

[参加費]

無料(オンライン参加の場合、通信費は参加者のご負担となります。)

[参加方法]

  • 会場(あきた芸術劇場ミルハス 4F 小ホールA)  定員40名

  • オンライン(Zoom)                                     定員60名        

[対象]県内の製造業、クリエイター、支援機関、金融機関、学生等
 

[詳細・お申し込み] https://info8279083.wixsite.com/website-5

※ お申込み締切  11月15日(火)17:15

メインビジュアル.jpg

「わたしの好きな秋田の手しごと」
​アンケート&エピソード付き写真
募集について

樺細工、川連漆器、大館曲げわっぱに秋田杉桶樽。

秋田に生まれる優しく丁寧な手しごと。

手しごとの品にはそれを使う人々の数だけ感じ方や物語があると思います。

毎日の暮らしで。大事な場面で。

触れるたびに、優しい気持ち、嬉しい気持ちになったり、誰かを思い出したり。

「私の好きな 秋田の手しごと」では、そんな秋田の手しごとと、どんな出会いをしたのか、

どんな使い方をしていて、どこが好きなのかをアンケートとエピソード付き写真を募集します。

今日まで伝えられてきた「秋田の手しごとの品」を今使う人はどんな人なのか。

これから使ってくれる人は何を求めているのか。

未来に伝えていくために作り手が大事にしないといけないものとは。

 

手しごとの未来への「ヒント探し」にご協力をお願いいたします!

 

●アンケート
フォームからアンケートにご回答ください。 ご回答された方には抽選で5名様に御礼の品をお送りします。

●エピソード付き写真の募集

フォームからアンケートにご回答いただいた上で、エピソードと写真をご提出ください。写真の上手い下手は問いません!手しごとの品への思い、使い方を教えてください。

令和4年12月21日(水)に開催するシンポジウムのトークテーマとして選出された5名様に秋田県の伝統的工芸品を進呈します


アンケート及びエピソード付き写真の応募につきましては、「私の好きな秋田の手しごと」の特設サイトから入力フォームへお進みください。エピソード付き写真応募の方もアンケートにご回答いただきます。

応募期間:令和4年11月16日(水)~12月7日(水)

 

[特設サイト]
https://info8279083.wixsite.com/website-06

知財デザイン移動相談会2022_おもて.png

「知財・デザイン出張相談会
&ミニセミナー」のご案内

「知財・デザイン出張相談会&ミニセミナー」を開催します。

今年度は、羽後町と北秋田市に出張いたします。事業に知財・デザインを既にご活用中の方も、これから始めてみたい方も是非この機会をご活用ください!

 ​

【1】羽後町会場

[開催日時]令和4年10月24日(月)13:00~16:20

[会  場] 羽後町活性化センター 2階 視聴覚研修室(秋田県雄勝郡羽後町西馬音内中野187)

[定  員] 10名(各セミナー)

[後  援]羽後町

【2】北秋田市会場

[開催日時] 令和4年11月29日(火)13:00~16:20

[会  場] 北秋田市民ふれあいプラザコムコム 研修室 C、D(秋田県北秋田市花園町10−5)

[定  員] 10名(各セミナー)

[後  援]北秋田市
 

【お申込みについて】

下記のURLからPDFをダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、電子メールまたはFAXにてお申し込みください。ミニセミナーのみのご参加も可能です。ご相談を希望される場合は、開催日の3日前までにお申し込みください。

詳しくはこちら
知財・デザイン出張相談2022

ものづくり展示ホール.jpg

あきた産業デザイン支援センター事業紹介展示 Vol.04(再)

秋田県庁第二庁舎1階 ものづくり展示ホールの企画展示のご案内です。秋田市文化創造館の企画展示でご紹介した「あきた産業デザイン支援センターの視点で選ぶ、秋田のものづくり事業者の紹介_03」を設えを変えて引き続き展示いたします。株式会社ユーイーアイの加藤代表取締役社長は、当センターのセミナーをきっかけに講師でプランナー/デザインディレクターの永田宙郷氏とともに、これまでの受注型から初めて自社商品の開発に着手し、「SEAМ.SHOES(シーム・シューズ)」というブランドを立ち上げました。会場では「SEAМ.SHOES」の全ラインナップ(3タイプ6種)と加藤代表取締役社長へのインタビュー及び同社の靴製造の様子をまとめた動画などもご覧いただけます。

 

■期 間  令和4年2月22日(火)~8月下旬(未定)

 

■会 場

秋田県庁第二庁舎1階 正面入り口を入って右側

秋田県秋田市山王3丁目1-1

 

■開館時間 9:00~16:00(土日祝日を除く)

秋田市運化創造館.jpg

あきた産業デザイン支援センター事業紹介展示 Vol.05

秋田市文化創造館(旧秋田県立美術館)の企画展示のご案内です。テーマは「あきた産業デザイン支援センターの視点で選ぶ、秋田のものづくり事業者の紹介_04」です。伝統的工芸品「曲げわっぱ」を製造する株式会社大館工芸社は、同社の新ブランド「Blanc Pa」を立ち上げ、令和4年2月にECサイトを開始しました。「Blanc Pa」の商品は、杉の木の外側の白い部分(シラタ)を含んだ材料を有効活用することで、一つ一つが唯一無二の色合い・木目となっています。会場では新ブランドの商品のカップ、ディッシュ、ボウルの全サイズ(S・М・L)を実際にお手に触れてご覧いただけます。

 

■期 間  令和4年2月22日(火)~8月下旬(未定)

 

■会 場

秋田市文化創造館1階 センシューテラス内

秋田県秋田市千秋明徳町3−16

 

■開館時間 11:00~17:00(休館日:火曜日)

%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%201

無料相談

予算・保有設備・開発体制・スケジュールなどについてお伺いし、商品の仕様やPR方法など、最適なデザイン活用のご提案・アドバイスを行います。デザイナーの皆様からのご相談もお受けします。

%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%205

マッチング支援

相談内容に応じて、デザイナー・製造業者・各種専門家の情報提供や紹介をいたします。デザイナーへの依頼や契約方法などのアドバイスや中立的な立場からのコミュニケーション支援も行います。

%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%204

デザイン活用の普及活動

デザイン活用のスキルアップや導入のためのセミナー、ワークショップの開催、県内外のデザインに関する情報を集めたメールニュースの配信など、企業の皆様に役立つ情報提供を行っています。

活動内容

アクセス

〒010-8572

秋田県秋田市山王三丁目1-1

秋田県庁第二庁舎2階

公益財団法人あきた企業活性化センター

​総合企画部 知財・デザイン支援課

TEL:018-860-5614 FAX:018-863-2390

teshigotoweb_on_02.jpg
ada_link2.jpg